レディ

自律神経失調症に悩んでいるのなら病院へ行こう

相性の合った病院を探す

ナース

透析となれば一生問題となり、世田谷区のようにクリニックが豊富にあるところではどのクリニックに通うのかを見極めることが大切です。一人一人相性の合うクリニックには違いがあるので、複数を比較してから選びましょう。

もっと見る

最新の治療法利用の可能性

医者

胆のうがんは、他のがんに比べると症例数が少ないとされています。初期の場合には外科手術で摘出する治療方法が取られます。抗がん剤も行われますが、放射線はあまり行われません。新しい臨床試験での治療が受けられる場合があります。

もっと見る

呼吸で整えましょう

女性

呼吸は特別です

何となく体がだるかったり体が重かったりするのは、もしかしたら自律神経の乱れからかもしれません。そのままにしておくと症状が強くなったり胃や腸にも影響が出て自律神経失調症と診断されることになりかねません。自律神経失調症は不調の部分を検査しても異常がないというのが大きな特徴です。活動に関連する交感神経、休息・リラックスに関連する副交感神経、この2つの神経で成り立っており、この2つの神経がバランスをとって内臓など私たちの体に機能しています。現代社会では交感神経が優位にはたらいて自律神経のバランスが乱れる傾向が強いので、その場合は意識的に副交感神経を優位にする必要があります。自律神経は自動的かつ無意識の状態で作用しているので意識的にコントロールすることは難しいのですが、1つだけ意識的にコントロールできる方法があります。それが呼吸です。私たちが無意識に行っている呼吸。実は人生は呼吸通りになると言われることもあるくらい重要なものなのです。

いつでも手軽にできます

自律神経失調症の原因となる、交感神経、副交感神経の2つから成り立つ自律神経ですが、息を吸うことは交感神経に、息を吐くことは副交感神経につながっています。この特性を生かして、時間がなかなか取れない、リラックスすることが難しい場合は仕事や家事の合間などのすき間時間に呼吸の仕方を改善してみましょう。鼻からゆっくり息を吸ってそれよりもゆっくりと口から息を吐く、これだけです。息を吐く際には口をすぼめて口から糸を出すイメージでゆっくりとを心がけるとなおいいです。何度も実践していると自分の心地よいリズム、ペースがだんだんとわかってきます。呼吸は自律神経失調症の予防、対策としてだけではなく様々な場面で注目させています。今ブームとなっているヨガ、禅なども呼吸を意識することが重要とされています。呼吸は常に行っていて当たり前という感覚になりがちですが、常に行っているということはいつでもどこでも簡単に改善が可能ということです。1度試してみてはいかがでしょうか。

肺の末梢部に多いがん

看護師と患者

肺腺がんは肺がんのうち6割〜7割を占め、喫煙に関係が薄く女性に多いという特徴があります。初期症状がないので定期検診を受けることが大切です。比較的手術しやすいがんですが、放射線療法や化学療法のほか免疫療法も用いられます。

もっと見る