ナース

自律神経失調症に悩んでいるのなら病院へ行こう

最新の治療法利用の可能性

医者

外科手術と抗がん剤治療

がんが見つかったとき、三大治療法を取ることになるでしょう。初期の場合は、その部分を切除する外科手術が取られ、進行しているときには他の方法などが選択されます。胆のうがんの場合はどうかですが、初期の場合には外科手術により摘出が行われます。胆のうには、胆管であったり、肝臓などへの浸潤がある可能性があり、それがあれば、その部分も摘出する必要が出てきます。摘出した後は、それぞれの臓器をつなぐバイパスの手術が行われます。胆のうがんに対しては、抗がん剤の治療もあります。標準治療が確立されているので、通院などで治療を受けることが可能です。抗がん剤治療は通常は副作用が強いとされていますが、それほど強くない方法で行うことが出来ます。

臨床試験を受ける可能性

がんの中には、発症が多く、それに対する症例も多くあるものがあります。症例が多ければ、それに対する治療法も確立されやすくなります。いろいろな医療機関で治療できる可能性が広まります。胆のうがんは、他のがんに比べると症例数が少ないとされています。そのため、現在確立されている治療法の他に、新たな治療法が受けられる場合があります。臨床試験として、最新の治療を受けられる場合があります。臨床試験は、標準治療ではないので、初期の胆のうがんで受けるのは良くないかもしれません。でも、進行している場合や、他の治療方法が選択できない場合には、受けてみても良いかもしれません。それで治療ができれば、将来的には標準治療に変わる場合もあります。